地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループになろう 「watami」

トップメッセージ

代表取締役会長 兼 グループCEO

渡邉美樹 サイン
渡邉美樹 画像

創業35周年 今の夢は・・・

35年前、一軒の高円寺の居酒屋から、私とワタミは始まりました。
それが今、全国1 1カ所に、日本最大級の有機農場ワタミファームを有し、2021年3月11日には岩手県陸前高田市に、東京ドーム約5個分の農業テーマパーク、「ワタミオーガニックランド」をオープンさせることになりました。国内外食事業は、居食屋「和民」をはじめ、ファストカジュアルまで17ブランドを現在展開しております。海外外食事業も、世界8地域で7ブランドの事業展開をしております。お弁当宅配の、ワタミの宅食は全国513営業所、高齢者宅配市場で9年連続売上シェアNo1です。

しかし、ワタミは売上規模という「数字」より「ありがとう」を基準にしています。どれだけ「ありがとうを集められるか」。その企業理念は、国連が採択した持続可能な開発目標SDGsの考え方に重なります。一例をあげるなら、私たちワタミは、ワタミの林業という、森林再生事業を行っています。環境エネルギー事業の、ワタミうすきエネルギーは、その森林再生の間伐材からバイオマス発電事業を手がけています。原発に頼らない、再生可能エネルギーのみで事業活動を行う「RE100」を、世界の外食(居酒屋)企業ではじめて宣言したのも、その象徴のひとつです。

オーガニックも、再生可能エネルギーも、未来の子どもたち、未来の地球という、持続可能な視点、SDGsの視点で見れば、ごく自然の取り組みであり、それを企業文化としています。
ワタミは、100年企業を目指し、第二幕の物語が今始まったところです。
一軒の居酒屋の夢は、まだまだこれから大きく広がります。その物語にぜひお付き合いください。

今の夢は…と聞かれたら、私たちは「SDGs日本一の企業」と答えています。